スピリチュアルヒーリングの経歴カテゴリの記事一覧

スピリチュアルヒーリングにまつわる経歴

スピリチュアルヒーリングの歴史は、太古の昔からシャーマニズムと
関係していますね。

ここにシャーマニズムの大まかな三つ手段について書いてみますね。

現存しているオーストラリアにいるアボリジニ民族にも、シャーマニズ
ムは息づいていて、何千年もの昔から受け継がれてきているのではない
かなぁ(^○^)

文明社会でも、シャーマニズムを再び大きく発展させてスピリチュアル
ヒーリングに生かそうとする人々が増えてきたよ(*^o^*)


まずひとつめ。

シャーマンが、なんらかの方法で自発的に変性意識状態にはいった
とき、脳波に変化が生じる。

これはヒーラーがセラピー(治療や施術などを指す)の形態にはいる
際に、脳波のパターンが変わるのと同様である。

ふたつめの特徴。この変性意識の状態で、シャーマンは霊的な世界へ
旅をする。

そこでスピリチュアルな存在(霊魂)と交信して、いろいろな助言を
受けたり、なにかのテクニックなどを会得したりする。

みっつめ。彼らは自分たちの社会の助けになる知識などを得るための
手段として、霊界探訪をする。

それがベースとなってシャーマニズムは、形を変えて現代にその位置を
築いてきたのであった。

現在のように機械化が進んで、魂の分野が退化してしまった世相に
おいて、その反動による心や肉体の苦痛を取り除く役目を、彼らは
担うようになったのだ。



引用先:「癒し」の精神史
http://www.dmn.ne.jp/~akegaras/seisinnsi.html

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。